人材育成企業認証制度についてAbout the system

目的

人材育成企業認定制度のイメージ

従業員が働きがいを感じ、スキルアップとキャリア形成をこなうことができる人材育成に優れた企業を、
県が認証することにより、企業に積極的な人材育成の取組みを促し、「雇用の質」の向上を図ります。

概要

  • 沖縄県では、一定の審査基準を設けて人材育成に積極的に取り組む企業を認証しています。
    認証の審査基準は、

    1. 前提条件
    2. 審査項目

    等からなっており、書類審査や従業員アンケート等を行い、実態調査を行ったうえで審査します。

  • 前提条件(認証の前提条件を全て満たすこと)

    • 県内に登記された法人であること
    • 就業規則を整備している組織であること
    • 風営法により規制される業種でないこと
    • 県内での事業実績が3年以上であること
    • 直近1年間で事業主都合による解雇または退職勧奨を行なっていないこと
    • 経営者に積極的に人材育成を推進する意思があること
  • 審査項目(全16項目のうち10項目以上を満たすこと)

    1. 新規採用者育成計画(OJTを含む)の策定
    2. 新規学卒者、中途採用者の初任者研修の実施
    3. 材育成計画の策定
    4. 中間層、管理職層等の階層別研修の実施
    5. 資質向上のための社外研修
    6. 従業員の能力開発に伴う支援制度の有無
    7. 人材育成を目的とした評価または面談の実施
    8. 過去3年間における若年者(29歳未満)の正規雇用実績
    9. 新規学卒就職者の就職後3年以内の離職率
    10. 過去3年間における従業員の職場定着のための支援
    11. 高齢従業員・高齢求職者の在職可能年齢が65歳以上または不問
    12. 障害者の雇用状況
    13. 女性の活躍に向けた目標設定の有無又は女性管理職率が30%以上
    14. 女性従業員のためのキャリアアップ支援の有無
    15. 過去3年間におけるインターンシップや職場体験の受入等の有無
    16. 県内の業界平均と比べて正社員の平均勤続年数が高い
  • 働く人たち
  • 働く人たち
  • 働く人たち
  • 働く人たち
  • 働く人たち
  • 働く人たち
  • 働く人たち